アクセス解析

 

 

■音楽CDとは?

 

CD とは Compact Disc (コンパクト・ディスク)の略です。
CD は大きくデータ CD と音楽 CD とに分けることができます。
一般的なオーディオ CD プレイヤーで再生できるのは音楽 CD 形式のみです。(例外もありますが)
音楽 CD 形式はオーディオ CD 形式とか CD-DA 形式とも呼ばれます。
たいていの書き込みソフトは、書き込む形式を選択できるようになっています。

音楽 CD → オーディオ用 CD プレイヤーで再生可能、CD ショップで販売されている工場プレスの CD と個人が焼く CD-R がある
データ CD → パソコンでのみ使用可能、音楽 CD と同様ソフトとして販売されている工場プレスの CD と個人が焼く CD-R がある
主な形式は ISO9660、ハイブリッド、ビデオ CD、CD Extra、HFS 等

例えば、あるフォルダにお気に入りの曲を WAVE 形式で十数曲、容量にして 600MB 入れてある場合、音楽 CD 形式でもデータ CD 形式でも焼くことができます。
音楽 CD 形式で焼けばオーディオ CD プレイヤーでもパソコンでも曲を再生できます。
データ CD 形式(ISO 9660 Joliet 形式がおすすめ)で焼けば オーディオ用 CD プレイヤーでは再生できませんが、パソコンで開いて WAVE 形式に対応した再生ソフト(Windows Media Player 等)で再生できます。
音声データをデータ形式で焼くのはバックアップ用途に適していますが、通常音声ファイルは音楽 CD 形式で焼きデータ CD として焼くことはありません。

 

 

■用意するもの

 

音楽 CD を作成するには以下のものが必要です。

●音声データ---量子化ビット数16ビット/サンプリング・レート 44.1kHz の WAVE 形式ファイル、または AIFF ファイル
(音楽 CD で扱える音声の規格は16ビット/44.1kHz と決められています。)

市販の音楽 CD からお気に入りの曲だけのベスト・アルバムを作る場合、Exact Audio Copy や CDex や CD2WAV 等のフリーソフトで音楽 CD からデジタル・データを抜き出します。(WAVE 形式でハードディスクの任意の場所に保存します)
市販の音楽 CD は最初から16ビット/44.1kHz になっています。
あとは600〜700MB になるように曲数を調整するだけです。

カセット・テープや LP 等のアナログ音源を音楽 CD にするには、SoundEngine Free や YAMAHA Wave Editor TWE や Audacity 等のフリーソフトで 16bit/44.1kHz 録音し、曲ごとに分割・ノイズ除去等をして、最終的に 600〜700MB の WAVE ファイル(もしくは AIFF ファイル)になるように曲数を調整します。

●書き込み可能な光学ドライブ---CD ライターや DVD ライター(最近は DVD ライターが主流で単体の CD-R ドライブは少なくなりました)

●使用するドライブに対応した CD 書き込みソフト---お金をかけたくない場合は Windows Media Player や CD Manipulator や iTunes 等のフリーソフトを使用しますが、市販の B's Recorder や Record Now や WinCDR 等も評判は上々です。
書き込みソフトは、対応しているドライブとそうでないドライブがあるので確認が必要です。

●CD-R ブランク・ディスク ---市販の CD-R ディスクには通常のパソコンデータ用として販売されているものと「音楽専用」として販売されているもの2種類ありますが、中身は全く同じです。
音楽用として販売されている CD-R には「私的補償金」というものが上乗せされていて、若干高めの値段設定になっています。
これを買うのはバカバカしいので、通常の安い「データ用」 CD-R ブランクディスクを購入しましょう。

 

 

■解説はこちらのリンクよりどうぞ

 

音楽 CD を作成するには、まず CD の容量分の WAVE ファイル(16bit/44.1kHz)を作ります。
MP3 や WMA や TwinVQ 等の形式でも書き込みソフトが対応していれば音楽 CD を焼くことができますが、これらは圧縮フォーマットであり、多少なりともいい音で音楽を楽しもうと思われるのならやはり無圧縮の WAVE ファイルを使うのが王道です。

さて600〜700MB の WAVE ファイルが用意できたらあとは焼くだけですが、音楽 CD を焼くにはたくさんの種類のソフトがあります。
2007年3月末現在まだ WINDOWS XP が主流ですので、XP に標準搭載されている Windows Media Player を使う方法を紹介しましょう。
Windows Media Player は無料のソフトですが、これを使えば音楽 CD もデータ CD も作成可能です。(Win XP のみ)
下のリンクからお使いのバージョンを選んで下さい。(※重いページですのでブロードバンド環境を推奨します)

 

 

 

 

 

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー